ランニングの強度を決めるのはペース・時間だけじゃない。

ランニング
この記事は約3分で読めます。
広告

今回は、ランニングの強度がテーマです。

ランニングの強度を上げる方法として、すぐに思いつくのは、ペースを上げるとか時間を増やすとかだと思います。

しかし、ランニングの強度を決めるのはこれらだけではありません。

同じペースでも、様々な要因で強度が変わってきたりします。

 

単純に

「ペースを上げればいい」

「長く走ればいい」

と思っている人は見直してみるのもアリです。

 

今回はこの2つの他にも、

  1. コースの起伏
  2. 気象条件
  3. 空腹状態

の3つを挙げて、強度を高める方法を自分なりに紹介していきます。

 

 

 

1.コースの起伏

1つ目は、コースの起伏です。

当然ですが、同じペースでも平地と上り坂と下り坂では、全然きつさが違いますよね。

ペースや時間は同じでも、アップダウンを走る方がきついです。

上り坂ではペースは落ちる、下り坂ではペースが上がる、当たり前です。

ただこの当たり前を頭に入れずに、ペースや時間だけに目が向くと、強度を高めすぎたりする恐れがあるので、起伏のあるコースを走る際には注意が必要だと思います。

頭に入れてなかったら、上り坂で無理にペースを上げて、下り坂で無理にブレーキをかけてしまうということになりかねません。

同じペースにこだわらないでいいと思います。

 

 

2.気象条件

2つ目が、気象条件です。

気温や湿度、雨、風といった条件です。

極端に暑い日や寒い日、雨風が強い日は、ペースが落ちてもきついと感じることが多いです。

なので、視点を変えれば同じペースでも強度の高い練習ができるということになります。

 

特に夏場においては、暑さに慣れることは、夏場のレースで勝つために大切なことです。

しかし、強度を高めるためにはペースを上げたり、時間を増やすかしかないと思っている人にとって、暑い時間帯にこれらを行うのは困難なので、涼しい時間を選んでしまうと思います。

強度を高めるためには、気象条件も関係してくるということを頭に入れていれば、強度を高めるバリエーションが増えます。

 

 

3.空腹状態

3つ目が、空腹状態です。

お腹が空いているということは、体にエネルギーが不足している状態であるので、走るのがきついと感じる人が多いでしょう。

しかし、普段よりきついということは、これも強度を高める手段であることになるのです。

空腹状態でランニングを行えば、少ないエネルギーを効率よく使う力が養われます。

同じペース・時間でも強度や効果を高められるのです。

 

空腹状態のランニングについては過去にも記事を書いているので、参考にしてください。

 

 

以上、ランニングの強度を高める方法はペースを上げたり、時間を増やしたりするだけではないことを述べました。

当たり前のことだと思いますが、以外とペースや時間だけにとらわれている人が多いと思います。

私もついそうなりがちです。

走るって単純なことですが、バリエーションを増やそうと思えば無限大です。

ここがランニングの魅力でもあるのかなあと思っています。

また、単純なトレーニングというのは簡単かもしれませんが、単純ゆえにケガに陥ってしまったり、飽きを招いてしまったりします。

各個人で工夫していきましょう!!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました