走力アップのためのペースはどれくらい?ランニング歴12年目の私がアドバイス!

トレーニング
広告

こんにちは!

ランニング系ブロガーのたっちゃんです!

練習の際の設定ペースには迷いますよね?

今回は、練習の際の走るペースについて、ランニング歴12年目の私がアドバイスを行いたいと思います!

 

始めに補足ですが、陸上の練習には全員に当てはまる練習の正解はありません!

 

ですので、「こんな方法もあるんだ!」という感じで、読みすすめていただけると嬉しいです!

 

では、早速いきます!

 

 

まずは、いきなり結論から。

 

それは、「少しきついけど、こなせるぐらいのペースがちょうどいい!」ということです!

 

理由を挙げます。

 

まず、少しきついペースにする理由について、負荷をかけなければ速くなることはできないからです!

健康や体力維持のためには、いつもゆったりとしたジョギングでも構いませんが、速くなるのが目的なら、少し今の自分の上をいかなければなりません。

現状維持ではなく、手の届く範囲でレベルアップに挑戦することで負荷がかかり、走力アップに繋がります!

 

 

次に、こなせるぐらいのペースにする理由について、無理なペース設定は結局こなせずに終わってしまうからです!

 

こんな経験ありませんか?

ペース走などの練習で、設定ペースが速すぎて途中で急激にペースダウンしてしまい、後半はジョグくらいのペースになってしまった…

この場合、前半は負荷をかけられていますが、後半はいつものジョグと同じで、負荷はそれほどかかっていません。

さらに、途中までしか設定ペースでいけていないので、設定した距離をある程度のペースで走り切る持久力が養われません。

例えば、8000mペース走の際、4000mまでは設定ペースで走れたものの、そこからペースダウンしてジョグのようなペースになったとします。

これでは、4000mを走れる持久力はつくかもしれませんが、8000mが走れる持久力はつきません

少しペースを落としてでも、8000mを設定ペースで走り切った方が、8000mを走る持久力は養成されます!

 

 

 

ですが、全ての練習を少しきついけど、こなせるペースにする必要はないと思います!

 

少しきついということは、終わった後、体には疲労がきます。

疲労の蓄積はケガにつながるので、ジョギングや体に疲労がたまっていると感じたときには、楽なペースでいいと思います!

 

また、ときにはチャレンジングな設定ペースもアリです!

大会でも、前半突っ込んで後半粘ることで、自己ベストが更新できたランナーはたくさんいます!

チャレンジング過ぎて、練習にならないのはダメですが、前半突っ込んで後半粘る練習をするという目的なら良いでしょう!

 

 

以上、走力アップのための設定ペースについてアドバイスさせていただきました!

 

練習は必ずしも全力でやる必要はありません!

10割で練習して、翌日以降走れなくなるよりも、7~8割くらいの練習をコンスタンスに積んでいった方が、トータルで見れば走力アップにつながると思います!

 

この点については、こちらの記事でも触れています!

興味のある方はぜひ!

参考記事

限界まで追い込まない「イン・コントロール」という練習方法を解説!
あなたは、練習を限界まで追い込んでやっているのに成果が出なくて悩んでいませんか?そこで私がおすすめするのが、限界まで追い込まない「in control(イン・コントロール)」という練習方法です。本記事では、そのメリットを5つ解説しています!

 

 

今まで、走力アップのためのペース設定に悩んでいた方は、

「少しきついけど、こなせるペース」

を意識して練習してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました