【ランナー必見】マラソン大会当日の持ち物について解説します!

大会当日,持ち物ランニング
この記事は約6分で読めます。
広告

あなたは、大会当日に何を持っていったらよいかで困っていませんか?

特に初心者の方であれば、右も左も分からない状態だと思います。

 

しかし、大会に向けて体調がしっかり整っていても、当日の持ち物が完璧にそろっていなければ、実力を発揮できないことは多々あります。

 

本記事では、大会当日に何を持っていけば良いのかについて

  • 大会当日不可欠なもの
  • 快適に走るために準備したいもの

という2点を挙げ、それぞれ解説していきたいと思います。

私は、ランニング歴11年であり、今まで大会には100回以上参加しているので、安心して参考にしてください!

 

大会当日に不可欠なもの

まず、大祭当日に不可欠なものについて解説します。

1.レースウエア

1つ目がレースウエアです。

当たり前ですが、これがなければ走れません。

競技レベルが高いランナーであれば、冬でもランシャツ・ランパンのことが多いですが、気温が低い場合は長袖のTシャツにしたり、タイツを着用したりすると良いでしょう。

どうしても冬場もランシャツ・ランパンで走りたいという人は、アームカバーやレッグウォーマーがあると便利です。

手先が冷えることもありますので、ランニング用の手袋もあると大変便利でしょう。

 

2.ソックス

2つ目は、ソックスです。

ソックスはなるべくランニング用のものが良いです。

理由は、ランニング用以外のものは、縫い目が内側に出っ張っていることがあり、マメにつながる恐れがあるからです。

また、ランニング用のソックスには滑り止めが着いていることがあり、蹴った力を無駄なく伝えることができます。

5本指のものは、マメができにくく、踏ん張りが利きます!

 

3.シューズ

3つ目は、シューズです。

レースで使うシューズは、消耗を避けるため、大会会場までの行き帰りでは履かないのが基本です。

必ず練習で履いてみて、マメができないかを確認しておきましょう!

 

4.時計

4つ目は、時計です。

距離の短いレースでは時計をはめない人も多いですが、距離が長くなるにつれてオーバーペースやスローペースが後半になると響いてくるので、はめておいた方が良いです。

ただし、チラチラ見すぎてレースに集中できなくなるとダメです。  

 

ラップタイムを記録できたり、GPS機能がついていると1キロごとのタイムや距離を記録できるので便利です。

 

5.ゼッケン引換証

5つ目は、ゼッケン引換証です。

マラソン大会では、事前にゼッケン引換証が郵送されてくる場合があります。

このゼッケン引換証を忘れると出場できなくなることもあるので、注意しましょう!

 

 

快適に走るために準備したいもの

次に、快適に走るために準備したいものについて解説します。

 

1.ウインドブレーカー

1つ目は、ウインドブレーカーです。

冬のレースでは大活躍します。

体が冷えてしまうとせっかくのウォーミングアップが無駄になったり、パフォーマンスが下がってしまうので、ウインドブレーカーを上手く活用しましょう。

 

極寒であれば、ウインドブレーカーの上からさらにダウンコートを着ると良いです。

 

2.Tシャツ

2つ目は、Tシャツです。

ウォーミングアップをすると汗をかくので、2~3枚持っていくと良いです。

気温が低ければ、ランシャツではなく、Tシャツをレースウエアに変えることも視野に入れると多目に用意するのが良いです。

 

3.帽子

3つ目は、帽子です。

夏は日差しを避けるため、冬は防寒用、雨天時は雨を避けるために着用すると良いでしょう。

レースでは帽子はしたくないという人も、ウォーミングアップだけでも着用するだけでずいぶん違います。

ランニング用のものは、通気性や速乾性に優れており、最適です!

 

4.タオル

4つ目は、タオルです。

ウォーミングアップはレースの後の汗拭き用に2~3枚は用意しておきましょう。

大きめのバスタオルがあると何かと便利です。

 

5.レジャーシートや銀マット

5つ目は、レジャーシートや銀マットです。

荷物をおいたり、レース前後に休息したりストレッチを行うのに使えます。

特に待ち時間が長いレースではずっと立ったままでいると疲れてしまうのであった方が良いです。

 

6.ビニール袋

6つ目は、ビニール袋です。

ビニール袋は、汗をかいた衣服やゴミを入れたり、アイシング用に氷を入れる入れ物としてなど、色々な場面で活躍します。

様々なサイズのものを準備しておくといろいろな用途で使えます!

 

7.塗り薬や貼り薬

7つ目は、塗り薬です。

ワセリンは、足裏のマメ予防や雨の日に塗ると雨水を弾いてくれる効果があります。

また、寒い日に塗ると体が温まるクリーム、血流の流れを良くするクリームや貼り薬など、記録を追い求める人には便利なグッズもあります!

レース中にケガをしてしまったときのために絆創膏、レース後の筋肉のケアのために湿布などもあると良いでしょう!  

 

8.飲み物

8つ目は、飲み物です。

レース前後には水分補給が欠かせません。

脱水症状を防ぐためにも、お茶やスポーツドリンクをこまめに少量摂取しましょう!

 

9.補給食や弁当

9つ目は、補給食や弁当です。

レース前に少し時間がある場合は、バナナやカステラ、ゼリー飲料があると良いです。

弁当は、レース後に使われた炭水化物やタンパク質を補えるメニューにしておきましょう!

 

10.お金

10つ目は、お金です。

お金があると万が一忘れ物をした場合や不足した食べ物や飲料がある場合にお店で購入することができます。

ただし、多くのマラソン大会では貴重品の管理は各個人に任されることが多いので、大金ではなく、小銭程度にしておきましょう!

 

11.雨具

11つ目は、雨具です。

傘は、雨のレースでの移動の際に濡れるのを防いだり、カッパはウォーミングアップの際に着ることで、雨水で濡れるのを防いでくれます。

雨水に濡れてしまうと体が冷えてパフォーマンスが下がることはもちろん、風邪を引いてしまうことにもつながりますので、天気予報が雨の日は雨対策もしておきましょう!

 

まとめ

以上、大会当日の持ち物について解説しました。

ただ走るだけでもこんなに準備するものがあるんです。

 

しかし、中には「結局使わなかった」というものもあると思います。

ですが、一番いけないのが、「あれを持ってくれば良かった」と後悔をすることです。

その後悔がレースでの不安を生み、良いパフォーマンスが発揮できないこともあります。

 

「備えあれば憂いなし」です!

入念な準備をして、レース前は走ることだけに集中できるようにしましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました