公務員試験 経済 名目GDPと実質GDPの違いについて解説!

その他
この記事は約3分で読めます。
広告

今回は、公務員試験の経済分野の名目GDPと実質GDPについて解説していきたいと思います。

 

そもそもGDPって???

名目GDPと実質GDPについて、解説する前に、まずはGDPについて解説します。

GDPは「Gross Domestic Product」の略で日本語では国内総生産と言います。

 

国内総生産(GDP)は、一定期間に国内で新しく生産された、財やサービスの取引総額を市場価格(市場でついている価値)で計算したものです。

 

では、いったいGDPはどのような式で計算されるのでしょうか?

GDPは、国内の最終的な財・サービスの取引総額なので、その国における支出の合計と同じです。

なので、GDPは支出面から見て算出されることが多いです。

まずは、式だけ見てみましょう。

GDP=消費+投資+政府支出+純輸出

要素を1つ1つ見ていきましょう。

まず、「消費」について。

これは日常生活でもみなさんやってますよね。

財やサービスへの支出のことです。

 

次に、「投資」について。

設備投資とかっていう言葉を聞いたことはありませんか?

投資とは、企業などが生産を増やすために行う財やサービスへの支出のことです。

直接的には、私たちの元に届いていませんが、財やサービスを届けるための手段としての支出です。

 

そして、政府支出について。

政府支出は、国や地方公共団体などが使うお金のことです。

政府支出が増えれば、私たちはその分、行政からのサービスを受けやすくなります。

 

さらに、純輸出について。

輸出は分かる人が多いと思いますが、「純」がついていますよね。

純輸出は、輸出-輸入で計算されます。

ここで、なぜ輸入を差し引くのでしょうか?

当然のことですが、私たちが消費したり、投資したりする財やサービスの中には、輸入品も存在します。

GDPは国内での生産のことなので、ここで消費や投資に含まれている輸入品を引いてやろうということなんです。

 

GDPについてはこんな感じです。

それでは、いよいよ名目GDPと実質GDPの違いについてです。

 

 

名目GDPとは?

名目GDPとは、その年の市場価格でGDPを計算します。

あり得ない話ですが、分かりやすくするために、ある国が2020年の1年間で以下のものを生産したとします。

りんご10個(1個100円)

みかん5個(1個150円)

このときの名目GDPは、

100×10+150×5=1750円となります。

 

 

じゃあ、実質GDPって?

実は、名目GDPには欠陥があります。

2021年には以下のような生産となりました。

りんご10個(1個110円)

みかん5個(1個200円)

2020年より物価が上がってますね。

このときの名目GDPは、

110×10+200×5=2100円

 

2020年と比べてみると、生産したと個数は変わらないのに、2021年の方がGDPが高くなりました。

つまり、名目GDPは、生産量だけでなく、物価の影響まで受けてしまうのです。

生産量だけに注目したいのに、物価の影響があると不便ですよね。

ここで使われるのが、実質GDPです。

実質GDPは、ある年の物価を基準にして計算します。

これなら、物価の影響を受けないので、生産量の増減に着目できます。

この例では、2020年の物価で2021年の実質GDPを計算した場合も、2021年の物価で2020年の実質GDPを計算した場合も両者は同じになります。

生産量が同じですからね。

 

 

まとめますと、

数量と物価の両方に着目したいときは、名目GDP、数量だけに注目したいときには実質GDPを使います。

両者の違いを理解して、計算してやってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました