小4、800m3分の壁に苦しむの巻

その他
この記事は約3分で読めます。
広告

今日は小4の陸上歴史です。

今では800m2分切りに挑戦していますが、この頃は3分切りに苦戦していました。

10年で800mいう短い距離を1分縮めるって、何か感慨深いです笑

普通、陸上を初めてすぐは記録が大きく伸びるもんですが、私は違いました。

いきなり伸び悩みました。

私のランニングクラブは、記録会にほぼ毎月出場していました。

土の400mトラックで手動での計測ですが、ファイルに記録を閉じていたので見返してみると、この通りです。

6月 3分ジャスト

7月 3分00秒9

この2大会しかファイルに閉じているものがありませんでした。

何しろもう10年前のことですもんね。

確か3分01秒も出しました。

とにかく3分の壁に苦しみました。

そして、迎えた10月の最後の記録会、

結果は、

2分59秒8…

3分切れて嬉しいような嬉しくないようなタイムでした。

しかも、7月の時点では、私が小4で1番だったのですが、4人にも負けてしまいました。(そのうち2人はまだ2年生だったという衝撃の事実にのちのち気づくことに…)

この通り、小4のときは全く記録が伸びませんでした。

10月の終わりには、初めてタータンのトラックで400mの大会にも出場しました。

スタンディングスタートでもいいような遅さなのに、私はスターティングブロックを使いました笑

この大会は、県でも結構レベルの高い小学生が集まります。

タイムは80秒49。

40人中24位という悔しい結果に終わりました。

同級生でも自分よりこんなに速い人がいるんだと思いました。

しかし、私はこのときは知るよしもありませんでした。

このときの400mとほぼ同じタイムで1年後800mを走れるようになることには…(小5の回で説明します)

小4からは部活動でサッカーも始めました。

ポジションはランナーとしては超以外なキーパー。

誰もなる人がいなかったんです。

同じ学年に6人しかいなくて、5人制のフットサルの試合に出てました。

近くからの弾丸シュートがめっちゃ怖かったです。

そして迎えた校内持久走大会、去年のドベの悔しさを晴らすため、朝6時からの練習をコツコツ続けました。

1位になりたかったですが、2位という結果でした。

でも、去年のドベから大ジャンプしました。

来年こそ1位をとる気持ちで練習を続けました。

12月には初めての駅伝大会に出場しました。

初めてにしては結構大きい駅伝大会でした。

後日テレビ放送もあります。

そのテレビ放送のために、何人か走った後にインタビューされます。

私はなんと!インタービューされたのですが、何と答えたらいいか分からず、テレビ放送では却下されました笑

そして、3月にはまた桜島に行きました。

去年経験してたのでだいぶ違いました。

ほぼ1本道なので道にも迷いません。

今行ってもたぶん覚えていると思います。

去年と唯一違ったのは、九州新幹線が通ったことです。

飛行機には3歳ぐらいのときに、ディズニーランドに行ったときに乗ったそうですが、新幹線は初めてでした。

めっちゃ速くて静かなのにビックリしました。

それもあって去年までは2泊3日だったのが、1泊2日になりました。

普通に40キロ歩けました。1番にホテルにつきました。

去年6年生だった先輩は卒業されたので、今年は後輩や何人か来られていた保護者と卓球しました。

去年はお土産を何も買ってこずに帰ってくるという、強すぎることをやってのけたので、今年はちゃんと買って帰りました。

確か、桜島サブレだったと思います。

他にも、かるかんや黒豚まんじゅうなど、美味しそうなものがたくさんあったので、試食しながら来年はこれをお土産にしようと思いました。

家に帰ったら、火山灰がまだ耳の中に入っていました。

桜島の火山灰恐ろしいです。

というわけで、小4の陸上歴史は終わりです。

次は成長期、小5です!

お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました