9月18日 正解か不正解かではなく、成功か失敗か

ランニング
この記事は約2分で読めます。
広告

今日は、朝雨が降っていたり、大学に用事があり、帰りも遅くなったので久しぶりに完全休養にしました。

自分は意識的に完全休養をとるタイプではなく、このように天候や用事に応じて入れるタイプです。

完全休養にはせず、軽いジョグはやるっていう感じです。

 

なので、今日は練習については書くことがありません。

 

今日の大学の授業でこんな言葉がありました。

 

「正解か不正解かではなく、成功か失敗か」

 

これは陸上にも言えることかなあと思いました。

練習メニューに正解も不正解もないと思います。

だから、他人に自分が伸びた練習を全力で勧めたり、他人の練習を完全否定するのは、どうかと思います。

受け手がそれを取捨選択できればいい話ですけどね。

 

大事なのは成功するか失敗するか、つまり努力はどのような形であったとしても、成功すれば問題ないと個人的に思います。

ただ、その同じ努力でいつまでも成功できるかと問われるとそうではないと思います。

正解と不正解の間には不可逆性、つまり正解が不正解に、不正解が正解になることは、ほとんどありません。

しかし、成功と失敗の間には可逆性、つまり成功が失敗に、失敗が成功になることはよくあります。

答えがないというのはかなり難しく、面倒なことだと思います。

ですが、答えがない、変化するからこそ工夫する面白みがあるのかもしれません。

単純で変化しなければ飽きが来るのは目に見えていますからね。

自分は飽きっぽい性格ですが、正解がないため、走ることには飽きてません。

 

話は変わりますが、新人戦やインカレなどいろんな大会があってます。

ようやく大会が行われ始めました。

しかし、自分が少し意義を感じる部分があります。

来年から大学で登録しますが、今年度うちの大学で登録して出ている人に今日初めて会って聞いたら、今はうちの大学の方針でレベル4の間は大学として出場できないらしいです。

他にもこのような大学はいくつかあります。

ですが、別の大学の友達は普通に出場しています。

この違いって何なんでしょうか?

自分にはよく分かりません。

自分は今はクラブチーム登録なので、出場することができますが…

登録費用は高いので、大会に出れないんだったら、大学で登録したくありませんね。

このようなルールが早く改善することを祈っています。

それかコロナがなくなってくれー

 

今日はこの辺で!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました