9月16日 嫌いな練習は確実な設定タイムで

ランニング
この記事は約2分で読めます。
広告

今日もゼミの発表会がありました。

今日は自分が発表しました。

3・4年生の前でしゃべるのは緊張しましたが、何とか発表できました。

 

中学校の朝練は今日は雨でグラウンドが濡れて、ロードであるかと思いました。

ロードのコースは自分の家の近くを通るので、家の窓から覗いてましたが、今日は朝練はなかったようです。

あっても、家を出る時刻の方が早くて参加はできませんでした。

部活は今日は室内練習みたいだったので、行きませんでした。

 

また、今日は毎週水曜恒例の練習会はありませんでした。

しかし、自分は今日高強度を入れたかったので、2000mを3本やりました。

2000mは一番自分が大っ嫌いな練習メニューです。

大っ嫌い=上手くこなせないことが多いので、こういうメニューは設定タイムをかなり遅くしました。

無理なタイムでやってこなせなかったら、もっと苦手意識が強くなってしまうので…

6’50くらいです。

3本のタイムは、6’54-6’47-6’51って感じです。

OBLAぐらいのペースかちょっと遅いぐらいです。

2000mが楽になれば、1500mはもっと短く感じてくると思います。

1500mを4’15で走るスピードは十分あると思うので、あとは持久力を26日まで残り少ないですが、意識していきたいです。

 

あと、今日はグラウンドの明かりがつかず、真っ暗の中でやりました。

なので、スタート地点やトラックのどこを走っているかが、分かりませんでした。

かなり大回りをしていました笑

こう考えると、いつもの明かりがついた環境はとても大事だと思いました。

走れることは当たり前ではなく、様々な支えがあってこそできるものだと感じます。

走るのは1人でもできますが、実は1人じゃできないことが多いということを自覚して練習します!

 

今日はこの辺で!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました