9月14日 時計を見ずにペースを刻めるようになりたい

ランニング
この記事は約2分で読めます。
広告

今日の練習メニュー

  • 中学校の朝練3.6km(km/4’15)
  • 中学校の部活で300mをkm/3’30や3’40ペースで何本か引っ張り
  • 30分ジョグ(km/4’49)

今日は昨日ポイント練を行ったため、落としました。

中学校の朝練は一番速いペースのグループを引っ張っています。

男子+女子1人って感じです。

ペースはいつもキロ4’15です。

このキロ4’15のペースで朝練を何回か行うと、このペースが染み付いてきました。

そのため、引っ張り役ですが時計を見るのは半周と1周手前の2回と、かなり少なくなりました。

同じペースで走るためには、同じストライドかつ同じピッチで走ればいいという話です。

これを意識して走りました。

 

夕方の部活はキロ3’30や3’40で300mを引っ張りました。

何人か600mを走る子もいましたが、自分は昨日ポイントだったり、中学生にもペース感覚を身に付けてほしいため、300mのみ引っ張りました。

しかし、まだこのペースに関しては最初が速くて後半緩めて調整するようなペースメイクになってしまうことが多かったので、反省しています。

走れる子でも今日のメニューは300m+600m+300mと、量はかなり少なかったです。

朝練と部活の2部練ということもあり、まだ中学生には無理をさせない練習をされています。

もうすぐ体育大会の練習もあるらしいので、オーバーワークには気をつけて見ていきたいと思います。

 

その後、自分の練習でジョグをやりました。

今日は疲労を考え、30分ジョグにしておきました。

だらだらではなく、気持ちいいくらいのペースで走りました。

そして、一番意識したのはペース感覚です。

ジョグってつい適当にやりがちですが、ペース感覚をつかむには絶好の機会だと思います。

余裕のあるペースなので、意識しようと思えば意識することができます。

時計を見ずとも機械のようなラップを刻めるランナーを目指します!

 

今日はこの辺で!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました