9月13日 いい感じのトラック練習

ランニング
この記事は約3分で読めます。
広告

今日はタータンで練習しました。

先輩が1000m×5本なのを自分は最初の1本だけ1000mをし、2本目からは800mにしました。

記録はこんな感じです。

今日もLTアップ5分でやりました。

動き作りを行ってから走り出せば、LTペースでも無理なく、そして15分ジョグとかしたぐらい、もしくはそれ以上に動く感じがします。

そして、流しも100mでなく、200mで。

先輩と同じペースで5本やるのはさすがにできませんでしたが、いい練習ができました。

でも、タータンであれば1000m5本を3’10~15で5本できそうな気がしました。

 

その後、もう1人の先輩と1500mと800mを走りました。

中1女子で1500mを4’40というとてつもなくすごい子を今後引っ張れるかを試された練習でした。

1500mは1000mまで引っ張りました。1000mは3’09で4’40ペースより少し遅くなってしまいました。

改めて中1女子がこれより速いペースで1500mを走ると思うとすごすぎです。

その後の800mは1周目はその先輩について、2周目の特にラスト200mを爆上げする練習をしました。

1周目は70秒でゆったり入りました。

そこから徐々にギアを上げ、ラスト200mは28秒くらいでカバーし、2’12でした。

やはり、余裕があるとラスト出せるものだと感じました。

 

今日のポイント練習はOBLAよりも若干速いペースでした。

OBLA~LTをしっかり意識していきたいですが、こういう練習、もしくはもっと速いペースもたまにいれたいと思います。

でも次が1500mのレースだということもあり、最大スピードでの練習は9月のうちは、ジョグ後の強めの流しくらいでいいのかなあと思います。

 

そして、今日のポイントは前回のポイントから中1日での実施でした。

心拍変動の状態もよく、疲労はしっかり抜けていました。

前までは、ポイント練の翌日と翌々日に15kmジョグをやり、その翌日ポイントをやるということをやっていました。

今思えばこんな練習バカだと思いますが、15kmという疲労がたまりそうな距離を走る中で疲労を除去させるという力がついた感じはあります。

あとは、疲労がしっかり抜けているのにも関わらずジョグをやってしまうこともありました。

今後は疲労が抜けてないうちはジョグかレストを入れますが、疲労がしっかり抜けているのにも関わらず、ジョグをやってしまう状況は避けます。

ジョグは大事ですが、やっぱり効果が高いのは高強度以上の練習です。

疲労がたまっているのに高強度以上の練習をやるということはしませんが、抜けていれば積極的に取り入れたいです。

あと、高強度の練習が自分には意外と疲労がマイルドなことに気づきました。

今まで超高強度の練習をやっていたので、かなり違います。

まあ、今日は高強度よりも少し速いペースだったと思うので、少し回復が必要かと思います。

 

インカレやばかったです。

ただ、その一言。

少しでも近づいていきたいと思います!

 

今日はこの辺で!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました